うたたね


三十路オーバーの世界一周旅行日記、タイトルは唄の種の略
by hiro5159
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
リンク、連絡先
曲をのせていく音ブログ
うたた音

旅の道連れ、ライター&フォトグラファー&バレーボーラー&旅人、矢田のHP
AROUND THE WORLD

「南ア」で出会った新婚夫婦、けんじ君となほさんの、
世界一周旅行記。
おふたりの最初の共同作業っ☆
彼らの写真…癒されますっ!
とらべった

北陸のインディーズ・アーティストを紹介するpodcast
Wo!Radio

FM福井、毎週金曜日のワンコーナー「AROUND THE WORLD」
Radio DaDA

熱烈BOOOMERZのワンコーナー
福井ケーブルTV
「平成ころんぶす」


ブログに関しての問い合わせ
hiro-.sea@docomo.ne.jp
お気に入りブログ

クラセ・デ・折り紙

毎週学校で、
校長の奥さんカンデラリアが英語を教えてる。
相手はインディヘナの女の子達だ。

先日、マイクのカフェに置いてある折り紙を偶然見た
カンデラリア。

ちなみにマイクの事を少し話すと、
史上最強に落ち着きのないアメリカ人と言えば説明が付く様な人物だ。

カフェと言えば…、
チョビヒゲ寡黙なマスターが、
渋い素振りで豆を挽いて、
ジャズが流れるちょっと大人な雰囲気の中、
カップを傾けるのが通例な気がするが、

チョビヒゲ以外はまるで正反対な彼。

たった一人で店を切り盛りし、
素早い動きでコーヒーを入れる。
その間にも客との会話を忘れない。
ぼ~…としてる日本人にはすぐさま折り紙を強要(笑。
日本人とあらば誰でも折り紙出来ると思ってる。

サービス超過多で、
南アフリカ人の奥さんが怒らないのか、
こっちが心配になるぐらい、
オカワリを勧めてくる…無論タダで。
客もそんなマイクの人柄に魅かれて毎日後を絶たないし、
そんなサービス精神旺盛なマイクを知ってる客は、
サービスされた次の日には、
「お釣りは要らないよ☆」とちょっと多めに払ったりする。
しかし、そのチップ入れの小瓶も、
娘のお小遣いに消えていくのである。

とにかく、こんな面白いオッサンは他に居ない。
このオッちゃんの辞書には”初心忘れるべからず”
と言う言葉はないのだ。
この人はきっと永遠に、
店を始めたばかりの新鮮な…
「ああ、俺の店に来てくれて本当に有難う☆」的な気持ちを、
忘れないのだろう。

f0155211_1234853.jpg


1時~3時の準備中の時間は、
しっかり昼寝をして充電。
その間も「勝手にくつろいでて」と戸じまりを、
頼まれたりする。
日本人をこんなに信用していいんすかっ??
とこっちが恐縮してしまうぐらい、
自由なキャラクターだ。

f0155211_1231770.jpg


ともかく…
そんなマイクの店で、
折り紙を見たカンデラリアが、
「インディヘナの子達に折り紙を教えてくれる?」
と言ってきた。

実はこんなこともあろうかと、
ザックに埋もれていた折り紙(もう冬眠の勢い)。
最後の最後に日の目をみるのね。

鶴とカエルを教えた。

インディヘナの女の子…
いつも細かい民芸品を作ってる器用なイメージだが、
正直不器用な子が目立った。

折り紙を舐めちゃダメよっ!
気持ち込めなきゃ後に響くのよ。

そんな中、
もう既に鶴を知ってる子もいたりして、
1人で先へ進んでしまう子もいたりした。

悲しいかな、
先生である、カンデラリアが一番不器用で、
興味深々やった気がする(笑。

生徒自身は、
どこかで見たことがあるのか無いのか、
大したリアクションは得られなかったさ(悲。

う~ん、
あやとりにしても、
そんなにウケは良くないし、
日本文化を過大評価してたのは俺だけか…。

しかし、
相変わらず根強いのはカンフー。
アフリカ同様にして、
ここの男の子達もしかり、
日本人は皆カンフーが出来て、
超強いと思ってる…

チャイナやっちゅうねんっ!!

f0155211_1243420.jpg

[PR]
by hiro5159 | 2009-05-03 01:15 | グアテマラ
<< 祝スペイン語学校卒業☆ フィエスタ・デ・寿司 >>


最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧