うたたね


三十路オーバーの世界一周旅行日記、タイトルは唄の種の略
by hiro5159
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
リンク、連絡先
曲をのせていく音ブログ
うたた音

旅の道連れ、ライター&フォトグラファー&バレーボーラー&旅人、矢田のHP
AROUND THE WORLD

「南ア」で出会った新婚夫婦、けんじ君となほさんの、
世界一周旅行記。
おふたりの最初の共同作業っ☆
彼らの写真…癒されますっ!
とらべった

北陸のインディーズ・アーティストを紹介するpodcast
Wo!Radio

FM福井、毎週金曜日のワンコーナー「AROUND THE WORLD」
Radio DaDA

熱烈BOOOMERZのワンコーナー
福井ケーブルTV
「平成ころんぶす」


ブログに関しての問い合わせ
hiro-.sea@docomo.ne.jp
お気に入りブログ

1クラス上の優雅な旅

朝6時に”ヴィントフック”に到着。

早速タクシーで、
”カメレオン・シティ・バックパッカー”へ。

3分程で到着。
歩いても行けたねっ。
めちゃ綺麗な宿だ。

またプール。
最近プールに恵まれてます。

ドミで90”ナミビア・ドル”(900円)。
”南ア・ランド”と等価なんで、
そのまま使える。
しかし…フルブックだ。
ここしか知らんよ、宿。

人気があるんだね。

まあ、
他の宿へ当る事になりそうだ。

そして、
「ナミビア」のメインとなるツアー、
”ナミブ砂漠”ツアーの情報も聞く。

ココでやっているツアーは、
本日金曜日発か、来週は火曜日しかない。
しかも火曜日はサファリのツアーとなる。
要するに砂漠ツアーは今日しか無い。

レセプションが親切な人で、
他のツアー会社に聞いてもらうが、
それも日にちが合わない。

と言うのも、
来週の水曜日の、
「南ア」の”ケープタウン”行きのバスを
もう買ってあるのだ。

日程的に、
今日行くしか無い。

着いた早々に、
ツアーを申し込んでしまった。

そうなると、
話はトントン拍子。

帰って来てからの、
部屋の予約もしてくれた。

12時30分出発だ。

忙しいよ…
でもツイてると言えばツイてる。

食事を取らせてくれた。
元々ドミの料金にも朝食はつくらしい。
パンとコーヒーを身体に含め、荷物を預ける。

夜行バス明けで、
砂漠ツアーがスタートさっ。

3450ナミビア・ドルは、
34500円。
決して安くは無いので、
宿とかかなり良いのかも…。

f0155211_19233131.jpg

f0155211_19221655.jpg


ガイドのジョーの運転する、
サファリ・ワゴン。
荷物は、後ろの牽引車に載せてくれる。

片道340kmを走る。

f0155211_19244168.jpg

f0155211_19254628.jpg

f0155211_19264739.jpg

f0155211_19282324.jpg


4時間程景色を楽しんだ。
車窓の景色からは、
どんどん緑が消えていく。

”ナミブ砂漠”の入口”セスリエム”に到着。

まだ夕方前だが、
今日はもう宿に待機するそうだ。

宿はその名も”デザート・キャンプ”。
荒野のど真ん中に位置している。

f0155211_19301614.jpg


すげ~、ロケーション。
しかし、それだけでは無かった。

先ずプール付き。
それも相当奇麗だ。

隣には、
バーカウンターと大型TV。

f0155211_1931441.jpg


そして部屋は、
「ケニア」のサファリの時の様に、
ロッジ型のテントで、
ロッジの枠組みの中に、
風と砂よけのテントが付いている。

しかし、「ケニア」のよりも、
全然ゴージャスです。

f0155211_19325372.jpg


電機は24時間付いてて、
コンセントも6つ(これ嬉しい)。
シャワーも、勢いのある、
水とお湯(このレベルだとお湯の心配するだけバカみたいです)。

こんな砂漠で、
水が地下のパイプから来てるのが凄い。

そしてトイレの紙があるのは当然だろうが、
その先っちょが”三角に折られている”のだっ!

すげ~よっ。
初めてですよ、この旅で。
紙なんて置いてないのが当然なのに、
先っちょが”▽”。
愛を感じます。

ベッドも綺麗。
いやいやまだあるのよ。
何故か外に、
バーベキューの道具があるのだが、
その横のテントで隠された部分。

f0155211_19343432.jpg


一般家庭なら、
物置きの位置だが、
そのチャックを開けると、
出ました、キッチンっ!
冷蔵庫もちゃんと冷えてますっ。

f0155211_19353014.jpg


すげ~よ。
勢いでツアー決めちゃって、
めっちゃゴージャスなのに、
してしまった…。

f0155211_19363232.jpg

f0155211_19371928.jpg

f0155211_1938422.jpg


20時には夕食。
ジョーが全部一人で調理してくれた。

ポテトグラタン、サラダ、
ソーセージ。

そしてメインは、
木炭で網焼きジュージューのステーキ。

最後には、
ダメ押しのチョコレートケーキ。

デザート(砂漠)でデザート食べました。

荒野の真ん中で、
この旅で一番高価なホテルに、
泊まってます。

でも外へ出れば、
そこには砂漠。

f0155211_19385171.jpg


”フンコロガシ”が歩き、
”ジャッカル”が肉を狙って顔を見せる。

えらいこっちゃ。

「エジプト」の砂漠ツアーの時は、
砂の上にマットレス、そして人間だよ。
勿論屋根なんて無かったよ。
星空が屋根だった。
それはそれで最高だったけど。

今回のは文句の付けようが有りません。
もう、どっぷりとバカンス気分に、
浸ろうと思います。

1クラス上の優雅な旅を経験中…
[PR]
by hiro5159 | 2009-01-30 18:36 | ナミビア
<< 赤砂漠 夜行バスでパノラマ移動 >>


最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧