うたたね


三十路オーバーの世界一周旅行日記、タイトルは唄の種の略
by hiro5159
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
リンク、連絡先
曲をのせていく音ブログ
うたた音

旅の道連れ、ライター&フォトグラファー&バレーボーラー&旅人、矢田のHP
AROUND THE WORLD

「南ア」で出会った新婚夫婦、けんじ君となほさんの、
世界一周旅行記。
おふたりの最初の共同作業っ☆
彼らの写真…癒されますっ!
とらべった

北陸のインディーズ・アーティストを紹介するpodcast
Wo!Radio

FM福井、毎週金曜日のワンコーナー「AROUND THE WORLD」
Radio DaDA

熱烈BOOOMERZのワンコーナー
福井ケーブルTV
「平成ころんぶす」


ブログに関しての問い合わせ
hiro-.sea@docomo.ne.jp
お気に入りブログ

ポカラからのプレゼント

最近友人がネパールへ行った。

僕にとってネパール、
ポカラの思い出は特別なものだった。

今でもメールしてる、
宿”セレスティ・イン”のオーナー、ナラヤン。

友人に是非にと、
ナラヤンの宿を紹介した。

そして今日、
無事東京に到着した友人から、
メールが届いた。

友人もまた、
ナラヤンに勧められて、
トレッキングで、
アスタナ村へ訪れたらしい。

添えてくれた写真には、
”HIRO2009”と書かれたブレスレッドが写っていた。

アディカリ家の
お父さん、ネトラが作ってくれたそうだ。

これには感動☆

長男のジバンも、
あの時教えた”指スマ”を覚えてくれていたらしい。

そして、
教えた本人が一度も勝てなかった事も…(笑。

10か月近く経った今も、
ポカラには僕の足跡がまだ残ってた。

f0155211_3324862.jpg

f0155211_3331498.jpg

[PR]
# by hiro5159 | 2009-04-20 03:31 | グアテマラ

対岸ぶらり小旅行

週末を使って、
対岸の町”サン・ペドロ・ラグーナ”へ。

スピードボート、25ケツァルで20分だった。
流石にスピードは速いが、ボートが元気すぎて全く落ち着かず。
中間に座っていたおっちゃん、ポールにしがみついてたもんね。

宿は”パジェ・アスル”にした。
一泊35ケツァル。

ここ10年の間に急速に観光化が進んだ為、
小さい街だったが、
目新しくお洒落なカフェが並んでいた。

宿の主人”ホセ”にこの町で何が出来るかを聞くと、
意外にもホースライディングが出来るそうだ。

「レソト」以来…
僕と言えば馬…馬と言えば…乗る!…なのだ。

値段を聞いてみると、
1時間、30ケツァル(約360円)…めっちゃ安い。

ちなみにこの町にもスペイン語学校はあって、
ホセの娘マリアは先生をしているそうだ。

ついでに授業料を聞いてみた。
すると馬も安いが、授業料も安かった。
ちょっとショック。
でもだからと言って変える気にはならなかった。

アマリア家の環境がかなり気に入ってしまってるのだ。

もう残りも2ヵ月切ってるもんね。

次の日、
早速ホースライディングをした。
朝8時…、
宿にガイドが来てくれて、交渉。

そして9時にガイドを待っていると、
アスファルトの道を”パッカパカ”と蹄の音。
直接、馬が迎えに来てくれた。

う~ん、レソトの時よりもデカイ。
ポニーじゃないからね、今度は。

相方の名前は”モニカ”。
3時間のトレッキングは、
ホテルの前から歩きだす。

街を抜けると、
山間の道を進む。

曇り空がちょっと残念だったが、
とても良い眺めだった。
最近青空を見ない。
雨季間近らしい。

「レソト」の”ブラウン・シュガー”同様、
隙あらば食事にありつこうとする”モニカ”。
僕の周りには何故、
食いしんぼうばかりが集まるのだろう…。

結局口にカバーをはめられてしまった”モニカ”でした。

トレッキングが終わると、
湖畔最大の町”サンティアゴ・アティトラン”へ向かう。

f0155211_3291316.jpg

f0155211_3295159.jpg


今度はゆっくりのパブリコ・ボートで向かった。
20ケツァルで1時間程度だった。

到着後、宿を決めて街を散策。
教会や市場を見て回った。

f0155211_319189.jpg

f0155211_3211764.jpg

f0155211_3214496.jpg

f0155211_3234643.jpg


この町の印象は…、
おっちゃんの民族衣装。

中年以上のオジサンは皆、
白地に青のストライプの半ズボン。
腰布を巻いて、
テンガロンハットを被ってる。

f0155211_3165056.jpg

f0155211_318340.jpg


カッコよすぎっ!!
男性の民族衣装って珍しい。
同じ格好して道端で会話してるオッちゃん達。

う~ん、
アミューズメント・パークだ。

f0155211_323524.jpg

f0155211_3215788.jpg

f0155211_3223098.jpg

[PR]
# by hiro5159 | 2009-04-18 03:08 | グアテマラ

アミーゴ・インポルタンテ

オラッ!
御無沙汰ッす!!

パナハッチェルで1か月半経ちました。
まだまだ楽しく授業は続いてます。

いや~、長いね~。
お父さんっ、ゾウさんのお鼻はどうして、
あんなに…(←くだらないので強制終了)

先週の土曜日、
ヒロアキ君は巣だって行った。
彼は「メキシコ」の”カンクン”が旅のゴール。
もう目前だ。
旅の仲間達も続々とゴールしている今日この頃…。
なんだかちょっと切なくなる。

ヒロアキ君とは、
怒涛のセマナ・サンタを満喫しました。

セマナ・サンタは、
キリストの最後の一週間を再現するお祭りだ。
英語で言えば”イースター”。
十字架を背負ったキリストの神輿を担いで練り歩く。
その後ろからマリアの像の神輿がついて行く…って感じ。
一年に一回の日本で言う”お盆”だね。
しかし実は毎週金曜日の夜にも同じような神輿やってるから、
僕にはそれほど珍しいものじゃないのだ。

ただ、もの凄い数の観光客だった。
湖畔の小さな町の人口は一気に膨れ上がり、
夜のサンタンデール通りは、
「タイ」のカオサン通りの様だった。
若者達の、
余りに浮かれた様相にちょっと引いてる自分が居た。
まあ欧米人が殆どだけれども…。

そして、
昨日はカズが顔を出してくれた。
いやいや南アで別れて2ヵ月ちょい…。
「次は日本で会いましょう」と別れてから、
まだたったの2か月か…。

彼も南米はアルゼンチン・インでここまで上がって来て、
中米に入りちょっと寄り道してくれた。

ココに来た初日に泊まった、
”サンタ・エレナ”を紹介した。
宿のおっちゃんも僕を覚えててくれたね。

そしてグルッと町を案内。
もう何度も歩いた湖までの道。
そして教会までの道…。

彼のブログでの怒涛のトラブル話を聞いた。
そういや前厄だそうだ。

恐ろしいね、厄年って。
僕ももう直ぐだ、
こわやこわや…。

今日は、
授業が終わり、
夕方から待ち合わせする。
彼は湖の周りの町をグルッと観光してきたそうだ。

セマナ・サンタが終わったばかりの町は、
驚くほど静かだ。

”エンパナーダ”と言う、
アルゼンチンの揚げ物を食べた。
中にお肉等の具材が入った揚げ餃子。
その後は3×10ピザ(3ピースで10ケツァル:120円)を食べる。

旅の相棒とは、
レストランよりも、
こういった屋台で食べるのがサマになる。
レストランよりも、
屋台の方がお互いの舌も回るのだ。

そういう旅を、
ずっとこの男としてきた。

夜が更けた、
サンタンデール通りを歩き、浜辺まで。

旅立って1年2ヵ月…。
僕らのゴールは目の前だ。

旅を振りかえり、
日本に帰ってからの話もした。

教会で握手を交わし、
福井での再会を再び約束。

ほんの2ヵ月前までは、
同じ方向を向いていたふたりは、
もうそれぞれの道を歩いていた。

ゴールはお互い違うけど、
納得のいくゴール…
いやそれよりも…無事に国に帰りましょう☆
[PR]
# by hiro5159 | 2009-04-15 04:55 | グアテマラ

勉強に勝つ!!

f0155211_510956.jpg


はぁ~、旨かった☆

卵カツ丼に、味噌汁、たくあん。

まあ特に珍しくもないと言えばそれまでだが…。

これがパナハッチェルで撮った写真と言えば、
珍しいのさっ!

村岡さんの宿”ホテル・エル・ソル”での昼食。
村岡さんはとても感じの良い人おじいさんだった。

若いころ、
世界中で建設業をやっていたそうだ。
「もう直ぐ日本に帰る」と話すと、
日本の景気の悪さを嘆いていたよ。

元々、目抜き通りであるサンタンデール近くにあった宿を、
移転して今の場所に移ったとの事。

ちょっと遠いので、
客が入るのか不思議な印象を受けたが、
敢えて忙しくない環境にしたかったのかもしれないね。

温泉も24時間出っぱなし。
去年の3月に出来たばかりで、
目新しい建物にお洒落な家具が並んでいた。

奥さんも日本人。
今日捻挫したばかりの足を気にしながらも、
美味しい昼食を作ってくれました。
感謝っす!

こっちに来てから、
まだ4年程らしい。

あの年齢で、
海外に移住し始めるなんて…
バイタリティー溢れる夫妻だった。
[PR]
# by hiro5159 | 2009-04-05 05:07 | グアテマラ

隣の隣のアントニオ

今日は、
ヒロアキ君と観光。

そうさ、
もはや誰か居ないと観光する気もない僕っ…。
”出不精”と書いてヒロです。

隣村”サンタ・カタリナ”へ。

ピックアップ探している時に、
ここで宿を経営している、
村岡さんが声をかけてきた。

後ろから原付でブィ~ンて来て、
僕らの横にピタッ、「どうも、村岡ですっ」…だぜっ。

いやいや流石にここに来る日本人は、
”T球の歩き方”等を見て、
彼の名前は知ってるだろうけど、
ブレーキ直後の「どうも、村岡です」…だぜっ。

最近宿を新しくしたという噂は聞いていて、
数少ない日本人だから名前は知ってますが…。
初対面でも、
知ってるのを前提とした感じがかなり面白かったね。
初めてみたけど、もうおじいちゃんだったね。
「温泉あるからおいでよ」って言ってた。
温泉も良いけど、日本食食べれるって話が一番アツいね。
明日行く事にした。

ちなみに、
ウチの学校に新しい日本人が来たってのも、
最初は噂になってたらしい。
つまり僕の事だね。
”スペイン語がスーパー・ビギナーの日本人”だってさ(笑。
小さな村では噂話が尽きないのだ。

f0155211_4541771.jpg


ピックアップに乗り込み、
4km程の走る。

”サンタ・カタリナ”は、
小さな村だった。

ビーチ行く手前で、
バスケをするインディヘナの子供たち。
民族衣装でバスケって、なんかインパクトある。

f0155211_4545521.jpg

f0155211_5111417.jpg


4対4に分かれて遊んだ。

良い汗をかいた後は温泉へ。
湖水でうすめて入る秘湯方式。
こういうのって”ぬる~い”イメージがあるが、
十分熱かったよ。
めっちゃ気持ち良かった☆

f0155211_4553720.jpg

f0155211_4554346.jpg

f0155211_455579.jpg


その後、更に奥の村へ。
ピックアップで5km程。

”サン・アントニオ”だ。

”サンタ・カタリナ”よりも、
大きく坂の多いこの町。

子供から大人まで、
皆同じ鮮やかな青の民族衣装を纏ったインディヘナの女性たち。

f0155211_4565482.jpg

f0155211_594246.jpg

f0155211_5103424.jpg


特に印象に残る町並みだった。

久し振りの観光で、
テンション50パーセント増量だった今日。

そして久し振りの観光で、
身体に溜まったダルさが、
心地良かった。

f0155211_5105836.jpg

[PR]
# by hiro5159 | 2009-04-04 04:48 | グアテマラ


最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧