うたたね


三十路オーバーの世界一周旅行日記、タイトルは唄の種の略
by hiro5159
カテゴリ
以前の記事
リンク、連絡先
曲をのせていく音ブログ
うたた音

旅の道連れ、ライター&フォトグラファー&バレーボーラー&旅人、矢田のHP
AROUND THE WORLD

「南ア」で出会った新婚夫婦、けんじ君となほさんの、
世界一周旅行記。
おふたりの最初の共同作業っ☆
彼らの写真…癒されますっ!
とらべった

北陸のインディーズ・アーティストを紹介するpodcast
Wo!Radio

FM福井、毎週金曜日のワンコーナー「AROUND THE WORLD」
Radio DaDA

熱烈BOOOMERZのワンコーナー
福井ケーブルTV
「平成ころんぶす」


ブログに関しての問い合わせ
hiro-.sea@docomo.ne.jp
お気に入りブログ

<   2008年 08月 ( 33 )   > この月の画像一覧

何にもない日2

今日も何にもない1日…
そして、金も使えない。
物価高いのよ。コーラ175円なのよ。

ならばどうする?
将棋する?
トランプする?
ジャンケンする?
よし、ジャンケンしよう!
ジャンケン!…グーっ!!
負けた。自分に負けた…。書く事がないのよ。

おっ、DVDがあるじゃないか
何を隠そう日本からDVDを持参した私。

再出発するギリギリまで焼いていた。
「日本」に未練たらたらですな。

明日から相方カズとは別行動。
ささやかな、祝宴をあげました。

ビールとソーセージとチーズ、そしてポテチ。
パーッと飲んだ後は鑑賞会です。

「NANA2」を見ました。
心に響きました
20時から見始めたDVDは約1時間で盛り上がってくる。
”ノブ”が”ハチ”に告白して、次の日”ハチ”が”ノブ”のバイト先へ告白に…。
あぁ、ナイスな場面。ふたりの掛け合いがいじらしい。
…とその時、町のスピーカーからオッサンの大きな歌声が…。
1日5回の”アザーン”が始まってしまった。割れんばかりのスピーカーの音は僕VAIOの音などかき消してしまう。
しかも今日の”アザーン”はこぶしが利いていてイケイケだよ。
毎回違う人が歌っているのだろうか…。
[PR]
by hiro5159 | 2008-08-31 21:59 | キプロス

何にも予定がない日

朝は日差しの暑さで目が覚めた。
今の部屋は日当たりが良すぎる三階の角部屋。
カーテンを開けっ放しにして寝た為、既に暑さで汗ばんでいた。

昨日寝る時、目覚ましをかけずに寝たのだ。
この旅で初めての事だった。
時計を見ると9時。
そういえば、今日は土曜日。
「日本」にいても休みだ。

旅に出てから、曜日の感覚が完全に無くなった。
必要としない。曜日を気にする時と言うのは、休みだと困るモノを考えるとき。
例えば銀行。でも、それほど気にならない。”両替え屋”ぐらいは直ぐに見つかる。

実際「日本」にいる時の曜日の感覚ってどんなだったのだろうって思う。
ただ、「今日は何曜日だからあの番組やってる」とかその程度だった様な気がする。

そして日曜の夕方になったとたんに、これから始まる一週間が億劫になった。早く一週間が終わって欲しいなんて思ったりした。

社会人だった僕なら、今日と言う日を楽しむために何か楽しい事を必至に探すに違いない。
今の僕は曜日というよりも、今日明日の事を思うばかり。

今日は8月30日。
小学生時分の僕なら、今頃必死に夏休みの宿題をやっているだろう。
そして、いま僕は「平成ころんぶす」のテープ起しを必至にやっている。
[PR]
by hiro5159 | 2008-08-30 21:49 | キプロス

”マゴサ”へ

”ドルムシュ”で揺られる事1時間強、”マゴサ”に到着。

f0155211_1213799.jpg


旧市街を頑丈な城壁が囲んでいる。
直径約400m程の楕円形の城壁で、簡単に歩いて周れた。
オスマン朝時代、イギリスの植民地を経ても、それ以前のヴェネツィア領時代の面影が残っている(受け売り)。

一時旧市街に365の教会があったという。
”365個のチャーチ”だ(苦笑)。
3歩進んで、2回水飲んだ。
…暑いんだよっ!
水がお湯に変わる前に飲んでしまいたいんよっ!
愛情が同情に変わってしまう前にっ!!

…ともかく。
地図を見ずに歩いても、簡単に教会に出くわす。
教会遺跡を再利用して”カフェ”になっていたりするのが凄い。
超ポジティブ。

f0155211_122974.jpg


ヴェネツィア宮殿。夜はライトアップされる。

f0155211_1223533.jpg


”ララ・ムスタファパシャ・ジャミィ(噛まずに書けましたっ!)”はゴシック建築のモスク。
”マゴサ”の顔さっ。

f0155211_123234.jpg


そして”双子教会”と地図に載っているこの教会。
着いたらどう見ても、ひとつしか無かった。
牧師が双子??

とまあ、こんな一日でした(どんなっ!?)。

あと2日はのんびりします。
[PR]
by hiro5159 | 2008-08-29 01:14 | キプロス

キプロスの街

この島。人口約20万人で、”鳥取県”を少し小さくした程の大きさ。
そして、それが北と南とでそれぞれ国として分かれている。

そして、今日は首都である”レフコーシャ”を観光した。
島の中心に向かって、”ドルムシュ”が走る。
20分程で到着。

この都市は大きな円形型の城壁に囲まれていて、外に向かって均等にいくつもの”トンガリ”が付いている。
”函館”にある”五稜郭”の星型城壁が更に膨らんだ様な…比喩するなら”十稜郭”、甘党の人に比喩するなら”コンペイトー”という感じ…ごっつぁんですっ!
って言うか写真撮ったんだった、こんな形です。

f0155211_232370.jpg


そしてその大きな円形城壁の中心に、北と南とを分断する国連の”グリーンライン”がしかれているのだ。

城壁の中心へ向けて散策。

f0155211_2323058.jpg


首都だけあって、ものに溢れている感じがした。
ブランド物の衣類や時計から、電化製品、生鮮食品。
なんでも揃う大きな”ショッピング・モール”といった街の景観だった。

f0155211_233043.jpg


”ビュユック・ハン”はかつての隊商宿。
ぐるっと真ん中の吹き抜けを囲む様に部屋が並んでいる。アンティークマンションだ。
現在は地元の人たちの社交の場となっており、オープンカフェを楽しむ人たちで溢れてた。そして部屋は雑貨屋になっていて、机ではお祖母ちゃんが編み物をしている。

f0155211_2334042.jpg


”ジャッキー・チェン”の「プロジェクト・イーグル」で、この様な形のマンションで小ネタがあったのを思い出す。
悪者から逃げるヒロインが、マンション2階廊下を一生懸命走って逃げるのだが、結局廊下はグルリと繋がっていて、動かずに待っていた悪者と鉢合わせというやつだ。

そんな中北キプロスの名物料理、”シェフターリ・ケバブ”を食べた。

f0155211_2342297.jpg


”ピタパン”に挟まれた手前のお肉が”シェフターリ・ケバブ”。
「トルコ」の”キョフテ(小さなハンバーグ)”を薄いお肉で包んで、揚げた様なモノ。
めっちゃ美味かった。
”マヨネーズ”頼んで、ガッツリ頬張りましたっ。

その後は”セリミエ・ジャミィ”へ。
”フレンチ・ゴシック(意味わかってません…)”の面影は過去”教会”だったことの名残。
”オスマン・トルコ”占領後は”ジャミィ(イスラム寺院)”となった変わったお寺だ。
比喩するなら”キリスト教”と”イスラム教”とのコラボ寺院。甘党の人に比喩するなら…無理だ…

…っそしてっ!
社交場となった”オープン・カフェ”の間を通り過ぎると、まったりとした雰囲気の中”国境”があった。”国連平和維持軍”が待機する割にはとても平和な国境だった。

昨日から、独特の”島の空気”を感じている。
時間の流れがゆっくりだ。
島は良いな…。
[PR]
by hiro5159 | 2008-08-28 02:31 | キプロス

キプロス色の海

7時起床。
”ドルムシュ(トルコ語で満席と言う意味のミニバス)”で港町”タシュジュ”に到着。

フェリーチケット(AKFER会社)売り場の人が、珍しい日本人をエアコンの効いた事務所に入れてくれた。
最初、片道分を80リラ(約8000円)で購入した僕だが、どうも往復割引があるとの事なので、往復に代えてもらう。
すると係員が、僕のギターを見て「オマエは音楽が好きなのか。ここで歌ってみてくれ、そしたら割引してあげる」と挑戦的な事を言うので、ちょっと戸惑ったが、満面の笑顔で(安いぜ、ヒロシ)”スタンド・バイ・ミー”を歌った。
その結果追い金が32リラ。港湾税か出国税か何かのタックスが12リラなのでチケット代は100リラ(約10000円)となった。
確かに安くなったが、どうなんだろう、本当に割引してくれたのだろうか…。

とにかく”チャイ”をご馳走もしてくれた。
”トルコ人”はもてなし上手だ。

f0155211_2292041.jpg


出国手続きを済ませフェリーに乗り込む。

f0155211_229404.jpg


船の上から見る”地中海”は紛れもなく”エメラルド・グリーン”だった。
先日、友人が「キプロス」に行く事を知って、教えてくれた事がある。
絵の顔料で”キプロス”と言う色があるのだと言う。

深い青緑の様な色らしい。

この海は、まさしく青緑だった。

そして、12時に出航。
海は穏やかと言うより、”凪”の状態。
静か過ぎて湖の様だ。
船は水上を滑る様に進んだ。

揺れない船の上で、i-podを聞きながら眺める海は時間の無い世界の様だ。

f0155211_230674.jpg


海の色は次第に濃い青に変わっていき、「北キプロス共和国」に到着。
実際「キプロス」の海は…青かったよ(笑。

この国の歴史は変わっていて、元々”イギリスの領土”だったのが、1960年に「キプロス共和国」として独立。
その後、「トルコ」と「ギリシャ」の領土争いで紛争。
1983年に”北部地区”が「北キプロス・トルコ共和国」として独立を宣言したが、「トルコ」以外の国は認めていないらしい。
今現在、北と南に分かれており、”南北の壁”の南側は「ギリシャ」のものなのだ。

そこで、注意が必要となる。
今後、カズと再び別れて行動する。
彼は”中近東”の「シリア」、「レバノン」、「ヨルダン」を経て「エジプト」は”カイロ”を目指す。
僕はと言うと、「ギリシャ」の島々を巡ってみようと思うのだ。

そしてここ「ギリシャ」が認めていない「北キプロス・トルコ共和国」の”入国スタンプ”があると、今後「ギリシャ」への入国が難しいらしい。
入国審査時に「次はギリシャに行く。別紙にスタンプして下さい」と告げると、用意された別紙にあっさり押してくれた。
向こうも事情をよく理解しているらしい。

そして無事に、「キプロス」の大地を踏んだ。
”ギルネ港”に到着した僕らは歩いて町の中心部へ向かう。
この国は「トルコ」よりも物価が高いとの前評判があった為、タクシー代(8リラ)をケチる為だ。

”福井”の猛暑を思わせる湿度付きの酷暑の中3㌔歩いた。前後ろ”ザック”の”ギター”肩掛けの計30㌔の重さは肩にかなりの負担がかかる。
1時間後、玉の様な汗の中到着した時は肩が張ってた。

宿を値切って1人20リラ(2000円)にしてもらい”チェック・イン”。

まだ20歳そこそこに見える宿のにいちゃんは”ウェルカム・ティー”をご馳走してくれる。
これが、びっくりする程美味しかった。

f0155211_2304320.jpg


このポットは上が”ブラック・ティー”、下が”白湯”になっていて、入れる時に両方をコップに注ぐ。
濃い”チャイ”が丁度良く中和されて、”チカッペ”美味いのだ。
永久に飲んでいられそうだった。
汗かいたせいもあるのかな?
とにかくこれ欲しい。

宿で一息つくと”アザーン”が島内放送で流れる。
ここは”イスラムの国”なのだ。

ちなみに南は”キリスト教”の「ギリシャ」。
今自分はなんだか不思議な島に居るのだという事を実感していた。
[PR]
by hiro5159 | 2008-08-27 02:27 | キプロス

海へ下がったカッパ

長いこと、「カッパ!カッパ!」と騒いでしまってすいません。
ついに、本日”カッパドキア”を離れます。
”皿っ(さらっ)とキュウリ(急に)”発ちます…ヒロですっ(自己嫌悪)。

次に向かう国は「キプロス」(一応、ツッコミますね…どこやねんっ!!)
フェリーで向かうので、地中海沿岸の町”メルスィン”へと南下しました。
実際フェリーに乗るのはそこから約100km離れた街”タシュジュ”です。

今日はお馴染みのバス会社”メトロ”以外のバスのチケットを購入(名前は伏せます)。
他も見てみたいのです。

すると今回も”ベンツ・バス”でした。
そして”メトロ”と同じく、ボーイさんが”水”や”コーヒー”等を持ってきてくれます。

誰もが快適なバス移動を予想してました。

しかし、”アダナ”に到着する前から異変が…。

どうもエアコンの調子が悪いのです。
通気口から出ていた”快適冷気”がいつの間にか”送風(温風)”に変化。
次第に空気は”熱”と”湿気”を帯びてくる。
元々エアコンバスの為、窓は完全に閉じた状態。
密閉された車内で、満員乗客の熱気によって曇りだす窓。
周りの客も暑さに堪えかねて、”手で扇ぐ”仕草を始めました。
元々”汗っかき”の僕も額から汗を噴出。
隣の客なんか僕の文庫本を借りてしばらくは日本語を眺めてましたが(しかも逆さまに…注意もせんけど…)、そのうちソレを”ウチワ”代わりにして扇ぎ始める始末(効率悪いぜっ)。

外気温33度の中、車内は40度(大胆予想)を超え、ボーイがバス中間部の乗車口を開けて風を取り込もうとするが、風の出口がない為こっちまで届かない…ちなみに最後尾でした。
猛烈な暑さにより赤ちゃんも大泣きし始め、一時車内は地獄絵図の様な状態に…。

たっぷり2時間程”ヒート・バス”を堪能後、”アダナ”という町に到着。
停車時間で修理を始め、1時間近くかけてようやく復活しました。

f0155211_712384.jpg


その後は快適なバス移動となった。

やはり「トルコ」の長距離移動は”メトロバス”に限ると痛感させられました。

”メルスィン”到着が夜の7時過ぎ。
”オトガル(バスターミナル)”から更に”タシュジュ”寄りの町”スィリフケ”までのバスが出ていたので、更に移動を重ねる事に。

結局、計10時間の移動で、到着は夜10時前。

ひとり15トルコ・リラ(約1500円)の宿”アルサン”は、”Wi-Fi”フリーだった。
もう、無線LANは当たり前のご時世なのだろうか…。

シャワーを浴びて、早速ブログ更新してますっ!
[PR]
by hiro5159 | 2008-08-26 06:58 | トルコ

カッパの地下流れ(最近こればっかです)

地下都市に行ってみた。
”ギョレメ”の”オトガル(バスターミナル)”から”ネヴシェヒル”で乗り換えし、約1時間で”デリンクユ”に到着。

”カッパドキア”では奇岩を使った岩窟住居が沢山見られたが、今回は地下へと延びる地下都市だ。
入場料は15トルコ・リラ(約1500円)には少々躊躇してしまったが、こんな地底体験は和泉村の”アドベンチャーラン中竜”以来だぜ~。

って事で潜入。

f0155211_5554766.jpg


薄暗い階段を降りると、”ヒヤリ”と冷気が肌を撫でた。
そして、暗闇の恐怖が舞い降りる。
文字通り”蟻の巣”といった感じで、人ひとりがやっと通れる程の狭い通路が幾重にも延びていた。
地下8階まで、見学可能だ(どこまであんの~?)。

f0155211_5561862.jpg


蟻になった気分で歩いていくと、いくつもの分かれ道に突き当たる。
”→”が無かったら完全に迷子だ。

この地下都市、一時2万人が暮らしていたという。
ツアー客と、遭遇するだけで足止め食らってしまうぐらいの狭い通路で、そんなに沢山の人が住んでたなんて、信じられない。
更にここから9kmも離れた”カイマクル”地下都市と繋がっているというから、驚きだ。

全部屋に通気口からの空気が通るように設計されているが、光の射さないこの世界で、どの様な生活が営まれていたのだろう。そしてどんな人々が住んでたのだろう。
何故、地下に住まなければいけなかったのだろう。
学校も、教会もあるこの地下空間はまさに”都市”といえるものだった。
紀元前4世紀の文献でもこの地下都市についての記述があるという。
それほど、古いものなのだ。

謎だらけ…

外に出ると、陽の光に包まれる。
余りの眩しさに目がくらんで、軽い頭痛がした。
そして生暖かい風が身体にまとわり付く。

全ては太陽のエネルギー。
一瞬身体が拒否してしまう程のパワーを感じる。

人間が生きる為に必要なものだと実感した。

f0155211_5565287.jpg

[PR]
by hiro5159 | 2008-08-25 05:53 | トルコ

シメジ~まで”徒歩ほ~”な観光~

今いる、”ギョレメ”から”アヴァノス”まで、歩きながらの観光。
物価の高い国では少しでも節約した方がいい。
逆に安い国では多少贅沢しても響かない(心には響きます)。
って事で、1.5リットルサイズの”ぬるく”なった水を飲むのも慣れましたよって。

やっぱり誰も歩いてない。
観光バスや、レンタルバイクが優雅に通り過ぎる中、荒野のアスファルトをただひたすら歩く。

3㌔程歩くと(まだ全然歩いてないじゃんっ!!)、のどかな村があった。
ガイドブックにも載っていない村には立派な”一枚岩”で作られた住居が”ドカン”と聳える。
まるでマンションの様な様相。分譲中??

f0155211_8331778.jpg


この地域の奇岩には30年前まで人が住んでいたらしい。ここもそうなのだろうか…。

登ってみる。
元々”キッチン”として使われていた風なススが付いた部屋や、部屋それぞれに釜戸があって、生活臭を感じる。

すげーっ! こんな所に住んでたなんて…。

f0155211_8341589.jpg


「行って来ますっ!」でこの景色さっ。
学校なんか行く気失せるね。さぼって友達と”隠れんぼ”だよ。

っていうかこの部屋作るのにいったい何年かかってるんだろう。
マイホームパパ「じゃ、日当たりも良いんで、この辺の南向きの岩壁にお願いしますよ」
業者「わかりました、じゃ、明日から”掘り”ます。10年かかりますが…」
って住む前にローン終わってんじゃんっ…みたいな…。

凄いです。歴史を感じます。

それから、また歩き出した。
更に4㌔程歩くと、ご存知”キノコ岩”が現れた。

f0155211_8351133.jpg


あっ、ゴメン。”キノコ岩”に負けないくらいインパクト有りな”ドンドゥルマ(トルコ・アイス)屋”が居たので先に紹介します。

このおっちゃん非常に芸達者。
”アイス”を長い棒で引っ張り出して”コーン”に付けて棒ごと客に渡すのだけど…
そもそもがこの粘着力。
”コーン”ごと客に渡しといて、未だ棒にくっ付いたままの”アイス”だけを”ツルッ”と持っていってしまう。
客に残されたのは”コーン”だけというパフォーマンス。
そして、パフォーマンスが派手すぎて客は見てるだけでお腹いっぱい。
あまり売れて無かった(笑。
僕は食べたけどね。

実は「トルコ」に来て初めて見た”伸び~るアイス”。
今まで”ドンドゥルマ屋”は沢山見たけど、”伸び~る”所はひとつも無かった。
やらせて貰うと滅茶苦茶”力”が要るのだ。

”伸び~る”素、”ランの根”で作られた”サ~レップ”は味には余り関係な~いのだろう。
沢山入れる所は少なくなったのだろうか。
今は少なくなりつつある、昔ながらの”ドンドゥルマ屋”といった風情だった。

そして言わずと知れた”キノコ岩”。

f0155211_8364375.jpg


もう、風体は”しめじ”そのもの。
見た瞬間((あ~、鍋食べたい))と想像してしまうのは悲しき日本食求心なり。
日本人の観光客が多かったせいもあって、なんだか郷愁の念が…。

さてここから更に歩く事7㌔。
実際、歩いた方が綺麗な景色を堪能できた。
炎天下の中、”お湯と化した水”を飲みながら、ひたすら真っ直ぐな道を歩く。
気持ちが滅入りそうになっても、ただ写真が綺麗に撮れたとか、好きな歌を鼻歌で歌ったりするだけで、不思議に気持ちが立ち直る(単純ですわ)。

全ては”気の持ち様”だという気がしてきた。

そして”アヴァノス”に到着。ここは陶芸で有名な町。観光客が陶芸品を土産目的で買っていくそうだ。陶芸体験も出来る。
しかし付いたのはもう夕方。
それに14㌔歩いた事が達成感になって、着いただけで満足してた。

そして、着いた早々に帰ることにした。
あっ、帰りはバスですっ、えへへっ。

f0155211_8374361.jpg

[PR]
by hiro5159 | 2008-08-24 08:13 | トルコ

カッパでグゥと夏休み

f0155211_420527.jpg


朝は商店でパンとバターと蜂蜜を買った。
合せて2.4リラ(約240円)。
これを水で流し込んで、朝食とした。
宿で食事を摂ると15リラ取られてしまう。
宿泊料より高いのです。

f0155211_4224599.jpg


そしてこれがプール付きの宿”キョセ”。
めちゃオススメです。
僕らは”ドミ”で12リラだけど”シングル”でも20リラ(約2000円)なので、普通に安いです。
ちなみにネットはフリー(これが嬉しい)。

f0155211_425165.jpg


早速”カッパドキア”観光。
起点の町”ギョレメ”から30分程歩くと”ギョレメパノラマ”が現れる。

f0155211_4241698.jpg


白い石灰質の岩肌が辺り一面に広がってる。
数億年前の”エルジェス山”の噴火によって火山灰と溶岩が積み重なり、長い年月をかけて風雨によって侵食された結果、固い部分だけが残されてこんなに不思議な形になったそうだ。
全て自然で出来たものだと言うから、信じられない。

それから2km程歩く。歩いているのは東洋人の僕らだけ。
欧米人が”イージー・ライダー”さながらに大型バイクで通り過ぎる”アメリカン・テイスト”な荒野だった。

f0155211_4253362.jpg


程なく”ウチヒサル”に到着。
岩山のてっぺんには、元々”城塞”だったと言う尖った巨大な一枚岩が聳え、その周りを家々やペンションが囲んでいた。
奇岩一つ一つには大きな穴があけられており、人が住んでいた様子が伺われる。
4世紀前後にはここに”キリスト教”の修道士が住んでいたそうだ。

ちなみに小さな穴は鳩の巣っ。
火山性で痩せた土地で葡萄畑を育てるために、ここから糞を持ち出して”肥料”に充てていたらしいよっ! あしたまっ!

f0155211_426729.jpg


しかしここも有り得ない景色だった。
まるで映画のセットの様。
そう、黒板五郎も”石の家”作ったからね(まだ言うかっ!)

観光の後はプールではしゃぎました。
「キャッキャ」言うてるのは僕らだけだったけど…(笑。

たまには”セレブン気分良い気分”でキメましたっ!!

f0155211_4264422.jpg


Zzzzz…
[PR]
by hiro5159 | 2008-08-23 04:09 | トルコ

カッパのプール流れ

f0155211_672536.jpg


”トルコ”に入ってからやたらと「カワイイ~☆」を連発中、今日もチャイのカップに一発カマシました…ヒロタンです。

”お気に入り”に追加された”サフランボル”を出ました。
”バスなのにメトロ”のベンツバスは全国区のバス会社。
今回もお世話になります。
相変わらずの良心的なサービス(決めてはオーデコロン)で快適なバス移動。

蝶ネクタイの添乗員のドリンクサービス(ティー、コーヒー、ペプシ、オレンジジュース)にはパリッと”コーヒー”レスポンス!
カフェ解禁で若干中毒気味です。

3時間で、首都”アンカラ”に到着。

f0155211_675966.jpg


まるで空港かと思わせる程の超ビックサイズなオトガル(バスターミナル)だった。
乗り継ぎで寄っただけなので通らなかったけど、外から来た人にはしっかり”セキュリティ・チェック”を施してた。

ここで「トルコ」に入って初めて両替をしました(最初はシティ・バンクで現地通貨で引き出しました)が、レートは1トルコ・リラ=96円だった。
ここ最近でグングン上がってます。
2年前はまだ70円台。
実際、旅の予算としては少し上げざるを得ません。
「トルコ」では1日4000円に底上げしてます。それでもかなり厳しいです。
トイレするだけで50クルシュ(約50円)とかですから。
”苦しゅ…うない”事はないよ。
そして今日の僕はコーヒー飲みまくってるからトイレ超近いねっ。

2時間程、時間を潰してバスに乗り込んだ。
相変わらず、”コーヒー”を飲みながらの運行。

休憩で立ち寄った休憩所からは”ソルト・レイク”が見れた。

f0155211_682749.jpg


それからは広大な穀倉地帯が続く。

f0155211_685510.jpg


黒板五郎が生き生きと丸太小屋を造りそうな…そんな富良野な訳で…。

そして、遂に到着。「トルコ」のハイライト”カッパドキア”に来ましたっ!
お馴染み世界遺産の大奇岩地帯。
広範囲な観光地の為、起点となる街を”ギョレメ”にしました。
到着が夜だった為、暗くて、景色は明日のお楽しみ。
しかし流石は”カッパドキア”。
タダならぬ雰囲気を持ってます。
ゆらゆらと黄色い証明に照らされた奇岩群がなんとも幻想的。

更に今回はなんと、プール付きの宿。
もちろん、洞窟宿も考慮していたのですが、狙っていたところが評判宜しくない。
って事で、勿論”値段”優先で考えた挙句、プール付きになりました(マジかよっ!!)。
宿”キョセ”のドミトリーは一泊12トルコ・リラ(約1200円)。
シングルの相場が30ユーロのトルコ宿事情。

父さん…トルコ風呂はもう古いんです。今日はプールな訳で…。(…まだ富良野引きずってる…訳で)
[PR]
by hiro5159 | 2008-08-22 06:02 | トルコ


最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧