うたたね


三十路オーバーの世界一周旅行日記、タイトルは唄の種の略
by hiro5159
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
リンク、連絡先
曲をのせていく音ブログ
うたた音

旅の道連れ、ライター&フォトグラファー&バレーボーラー&旅人、矢田のHP
AROUND THE WORLD

「南ア」で出会った新婚夫婦、けんじ君となほさんの、
世界一周旅行記。
おふたりの最初の共同作業っ☆
彼らの写真…癒されますっ!
とらべった

北陸のインディーズ・アーティストを紹介するpodcast
Wo!Radio

FM福井、毎週金曜日のワンコーナー「AROUND THE WORLD」
Radio DaDA

熱烈BOOOMERZのワンコーナー
福井ケーブルTV
「平成ころんぶす」


ブログに関しての問い合わせ
hiro-.sea@docomo.ne.jp
お気に入りブログ

カテゴリ:カザフスタン( 2 )

カザフスタン最終日

早朝、中央バザールへ。
バザールは安い食事ができるとの評判。
食事はバーガー屋へ。

f0155211_15545121.jpg


”アルマティ”は綺麗な女性が多い。この定員のオススメはなんともユニークなパン。

f0155211_15552126.jpg


名前もわからないこの骨が刺さった原人風パンのお味はもろ”肉まん”。骨は簡単に取れてしまい、タダのフェイクだった。
市場へ行くと「キルギス」に比べると圧倒的に食材が豊富だ。苺も木苺ではなく豊かな果肉のものが並んでいる。キロ売りで500テンゲ(500円)は高いので眺めるだけだが…。
せめてアルマティ産のリンゴを1つ買って”パンフィロフ戦士公園”へ。土曜日の戦士公園には結婚式をするカップルが2組いたりで幸せな雰囲気で溢れている。
パパに連れられ”ローラーブレード”をする女の子が楽しそうだ。

f0155211_15562524.jpg


2時間ゆっくりベンチに座り、何もせずただリンゴをかじる。するとなんだか幸せな気分になってきた。
多分一生来れないだろう「カザフスタン」に予定外で来た僕。でもたった2日間でも”ムスリム”の人たちの優しさに十分触れることができた。食事中でもスーパーの買い物中でも「ヤポン!?(日本人!?)」と気さくに話しかけてくれるカザフの人々。それがどんなに素敵な事だろう。
僕なんか日本で、海外から来た旅行者に対して優しく話しかけた事なんて1度もなかった。それどころかあえて避けてきたかもしれない。
折角日本を選んで来てくれた旅行者にもっと優しくならなきゃって気持ちになった。

そんな「カザフスタン」も今日で終わり。
次は「インド」だ。

カズとの再会を果たすため、”エア・アスタナ”で飛ぶ。
「インド」は喧騒と混沌の”なんでもあり”の国。どんなトラブルが待ち受けているのか?

インド時間21時30分。
航空機は降下し始め雲を潜り抜ける。

f0155211_1557331.jpg


すると真っ黒の地表に、沢山の小さな光の集合体が現れだした。
不気味な程に綺麗な町のネオンだ。

その小さな集まりがどんどん吸収しあい、大きく変貌していく。
そして最後に大きな町を作り出した。
”デリー”だ。

f0155211_15574883.jpg


大きすぎる「インド」になんだか少し不安を覚えた。
[PR]
by hiro5159 | 2008-05-31 15:52 | カザフスタン

影が見えない”アルマティ”

さあ市内観光だ!
お久しブリッジでテンションも上がる。

最初は”コクトベ”へ。
カザフスタンホテル近くのロープウェイで市内を展望できる山の頂上へ。
チケット売り場へ行くとギョッとする。片道500テンゲ(500円)だ。
高い~。「三方五湖のロープウェイっていくらだっけ」等と独り事を言いながら、「え~い、もう一生来ない国だ行っとけ~」ってな感じで気合で乗り込んだ。

f0155211_15462230.jpg

f0155211_15473720.jpg


頂上まで来ると、広い敷地に小さなローラーコースターや、遊具、レストラン等があり、まあ普通。ただ、”五木ひろしの歌の流れる石碑”の変わりには”ビートルズ”が!
ボタンこそないが、エンドレスでスピーカーから名曲が流れる。
しばらく浸ってしまった。

f0155211_15503545.jpg


その後は”パンフィロフ戦士公園”へ。
第二次世界大戦の対ドイツ戦においてモスクワを防御した28人の戦士を記念して造られた公園だ。戦勝記念碑には大きく迫り出した戦士達の姿が。
また無名戦士の為の墓には永遠に消える事がない火が灯っている。

f0155211_1549324.jpg

f0155211_15495149.jpg


公園内の”ゼンコフ正教教会”には沢山のハトが集まり、市民の憩いの場という感じ。
日陰には教会をスケッチする学生達や、読書する学生、ラブラブなカップル等皆それぞれの時間を楽しんでる。

「ビシュケク」からバスで4時間程なのになんだか暑さが違う「アルマティ」。
暑さに湿気が混じった感じ。
涼しさを求めて”サイランバスターミナル”横の湖へ。
4番トラムの中も風が通らず汗がでる。

f0155211_15511173.jpg


湖には湖水客が水遊びしていた。
足だけつけて涼んだ後、近くのベンチに腰を下ろす。

日本人は珍しいのだろう。直ぐに近くでじゃれ合っていた学生の集団に声をかけられた。

f0155211_15515475.jpg


この、一見”ビバリーヒルズ高校白書”的な落ち着いた写真写りの彼らだが、カメラを向けていない時はスゴイはしゃぎぶり。最後には水のかけ合いになった。
僕の携帯を取って、携帯番号を入れてくれたりする。そこから直接かけると、しっかり”シーマ”の携帯がなったので、なんだかすごいと思った。世界は狭い。これは”ソフトバンク”がすごいのだろうか。
”ミーシャ”が中心のこの仲間達は短時間に増えたり減ったりを繰り返していたが、仲間が合流する度に男女関係なく片頬を合わせあって「チュッ」と挨拶する。
「欧米かっ!」って密かにツッコミを入れてしまったが、自然にこなす所は流石だ。
しかしこれは日本人には絶対に出来ないと思ったよ。(やる気??)
もう見てるだけで頬を赤らめてしまう僕だった。

1人英語がわかる子がいたので色んな日本語を教えた。中でも「なんでやねんっ!」の振り付きはうけてくれた。
ボケる習慣がないと使えないのだが…。

ここ「カザフスタン」の人達は”キルギス人”と明らかに違うものがある。それは”余裕”の様なもの。それは国として世界で9番目に広い国土を持つ自信や、石油、天然ガス等の天然資源に恵まれた資源大国という面からも想像できる。
今日僕が出会った全ての人達は本当に幸せそうだった。
そしてキルギス人よりも確実に目が優しい印象を受けた。

しかし”ビバヒル”の彼が言うには、やはり貧富の差は激しいらしい。
月収で低い人は12000円程しかなく、高い人は想像できないほど貰っているらしい。日本語で覚えたばかりの「あいしてる」を笑顔で言う彼が、その事実を言う時だけは困った顔になっていた。
[PR]
by hiro5159 | 2008-05-30 15:44 | カザフスタン


最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧